レシピ&園芸

☆ー☆ー☆ー☆ー☆
トマトの育て方
☆ー☆ー☆ー☆ー☆

プランター 植え付け

直径30cm、深さ30cmのコンテナの底に鉢底ネットを敷き底が見えなくなるくらいの軽石を入れる。
培養土を入れる。
ウォータースペースを2cmくらいとる。
コンテナの中央に植え穴を堀り、苗をポットから取り出して植えつける。
植え付け後はたっぷり水やりする。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆

支柱、誘引

植え付け後、支柱を立てて苗を誘引する。
支柱にひもで茎を8の字状にしばりつける。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆

整枝、誘引、摘芯

苗が活着し、葉や茎が勢いよく生長してくると、葉の付け根から盛んにわき芽がでてくる。
わき芽をすべて摘み取り主枝1本7にのみ着果させる、1本仕立てで育てる。
週に一回わき芽とりを行い花房直下のわき芽を摘みとった後は誘引する。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆

地植えの場合

元肥入れ

植え付け半月前に30
〜40cm植え付け半月前に(うね)畝下の位置に深めに、たい肥を入れてから化成肥料を入れる

施肥例

たい肥
元肥 2000g/u
苦土石灰 100g/u
化成(8−8−8) 150g/u

追肥
化成(8−8−8) 100g/u × 3回
第1花房がポンポン玉大になったとき化成肥料をまき、鍬で土と混ぜて畝へ上げる。
あとは20日おきに2〜3回追肥する。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆

品種
営利栽培用としては桃太郎等の品種が広く栽培されている。
家庭菜園では、瑞光、米寿、強力東光などは耐久性があり育てやすい。
ミニトマトには、シュガーランプ、プチトマトなどがある。

性質と病害対策
低温には耐えるが、霜には弱い。
ナス科の野菜を3〜4年作っていない畑で、排水や日当たりのよいことが肝要。
梅雨期に疫病が出やすいため、薬剤を使って早めに予防する。

栽培のコツ
株間を広くとり、よい苗を作る。
ホルモンを上手に使い、チッソ過多を避ける。

植え付け
第1花房を外に向けて植える。
トンネル内は日中の換気を入念にして35℃以上上げない。

ホルモン剤散布
トマトトーン100倍液などを2〜3開花したとき霧吹きで軽く1〜2吹きする。

摘果
元成りの変形果や先の小果を除いて5個くらいにする。

芽かき・摘心
わき芽は各節とも早めに取り除き、支柱を1本にする。
最上段の花房の植え付け上2段を残す。

わき芽は指先でつまんでかき取る。
はさみで切るとウイルス病が伝染する恐れがある。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆
ミニトマト
☆ー☆ー☆ー☆ー☆
科属名:ナス科ナス属/和名:アカナス、バンカ/原産地:南米アンデス山地、メキシコ
学名:Solanum × lycopersicum
☆ー☆ー☆ー☆ー☆


種から育てる場合
まき穴に1粒ずつまいて間引きしながら育てる。
育ってきたら植え付けて支柱を立てる。
4〜6つの果房がついたらわき芽をかき取る。
丈の低い品種は支柱も芽かきも不要。

苗から育てる場合
葉の緑が濃く、太くて丈夫な茎の苗を選ぶ。

水やり・施肥
水切れに注意
肥料は最初の実が膨らみ始めたら1回目の液肥を与える。
下から3段目の実が膨らみ始めたら2回目の液肥を与える。
その後は2週間おきに与える。

トマト疫病
菌が原因。葉や茎、果実が枯れてきたら、病変した部分を全て切り取り専用の殺虫剤を散布する。
実の表面の茶色い斑点
乾燥のしすぎが考えられる。
成長期には十分に水を与え、用土を乾燥させないようにする。

☆ー☆ー☆ー☆ー☆

甘い実を収穫するコツは、夜の温度を低くする。
葉がついている節と節の間が詰まって甘さがアップする。
ベランダで育てる場合は床に打ち水をする。