recipe

☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆

収穫した野菜の保存

☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆ー☆

保存方法 保存温度 保存可能期間 野 菜
生で保存 0〜2℃ 4ヵ月以上 大根、ニンジン、ゴボウ、ニンニク、ジャガイモ
8℃ 4ヵ月 里芋
13℃ 4ヵ月以上 サツマイモ、ショウガ、カボチャ
茹(ゆ)でて冷凍 ー10℃ 1年以上 トウモロコシ、エンドウ
乾燥して保存 1年以上 大根、パセリ、ミント、レモンバーム、バジル、シソ、トウガラシ、ヤツガシラの茎(くき)
醗酵(はっこう)塩漬け 10℃以下 4〜5ヵ月 大根(タクアン)、漬け菜、白菜、キャベツ、味噌、醤油、キュウリ
茹でて瓶詰め 1年以上 トマト
油に漬ける 1年以上 バジル、トウガラシ、ビーツ
酢に漬ける 半年以上 ラデッシュ、ショウガ


そのままの状態で保存する方法

冷暗所で
白菜・・・・・外葉をつけたまま1株ずつ2〜3枚重ねにした新聞紙にくるみ、日や風に当たらない気温の低い場所に立てて置く。収穫したてのものなら1ヵ月近く保存できる。

大根・・・・・ごく短時間であれば、泥つきのまま葉を切り落として新聞紙に包んでおきますが、みずみずしさが身上の大根ですから、水分が抜けてしんなりする前に使い切るようにする。
       もっと長くおく場合は、葉つきのまま土にうめておく

ホウレンソウ、小松菜、キャベツなどの青葉類
冬季なら根つきのまま新聞紙に包んで冷暗所に置けば、3〜4日程度保存できる。

土をかぶせて
ゴボウ、ニンジン、大根などの根葉類
長く畑に置いたままにすると、すが入ったり根割れをします。収穫時に一度掘り出し、別の場所に溝を掘って斜めに並べ、葉と根の境目が地上に出ている状態にして土をかぶせておきます。使う時に必要な量だけ順次抜き出していきます。

深めの穴の中にだんだん重ねにして
ネギ・・・・・畑に植えたままにしておき、必要な時に掘り出します。畑をあけたい場合は、別の場所に穴を掘って蒸れて腐らないように隙間を取って並べ、1段ごとに土をかけて段々に重ね貯蔵します。少しならプランターを利用する。

段ボール箱に入れて
サツマイモ、ジャガイモは収穫したら一度泥を乾かし、段ボール箱に入れて貯蔵する。
ジャガイモ・・・・・日の当たらない冷暗所に置き、芽が出やすいのでまめに芽を取るようにして長持ちさせます。
サツマイモ・・・・・寒さに弱いので、できれば屋内の日の当たらない場所に置きます。
里芋・・・・少量であったり、貯蔵するための土地がない場合は、小イモや孫イモをはずしてサツマイモと同様に段ボール箱に入れておきます。

ネットに入れて
タマネギ、ニンニク・・・・収穫したら日影に数日おいて泥を自然に落とし、腐らせないようにネットなどに入れて日影の風通しのよい場所にぶら下げておきます。

冷凍保存

生のままで冷凍できるもの
タマネギ、ニンニク、ミョウガ、パセリ、さらしネギ・・・・みじん切りにして冷凍
イチゴ・・・・まるごと冷凍
メロン・・・・・皮とタネを除き、適当な大きさに切り分けて冷凍
ユズ・・・・・刻んでも、まるごとでも冷凍

下ゆでして冷凍
水分の多い野菜は生のまま冷凍すると、すが入った状態になるので、一度下ゆでをして冷凍します。
こうすれば、ほとんどの野菜は長期保存がきき、さまざまな料理に使えこなせます。
カボチャ、ニンジン、カリフラワー、ブリッコリー・・・・・適当な大きさに分け、かためにゆで上げ水をよくきって冷凍します。
メキャベツ、インゲン、サヤエンドウ、アスパラガス・・・・・ゆでて冷凍
トウモロコシ、エダマメ、グリンピース・・・・・ゆで上げ、実だけの状態にして冷凍
ホウレンソウ、小松菜、チンゲンサイなどの青野菜・・・・・かためのゆでて水けしぼり、小分けにして冷凍